脱毛器はいろいろありますが、一体どれが一番いいのでしょうか?

口コミを探してみてもいいことばかり書いてあるし、結局のところは買ってみないと分からないのかもしれません。ただ、比べるにしても基本的なところを知っておかないと、何が自分に合っているか選ぶことができません。ここでは、脱毛器の基本的な分類と最新のオススメの脱毛器を紹介します。


ケノン

脱毛のトータルコストが圧倒的に安い!
2012年楽天家電年間ランキング第1位にも輝いた“ケノン”は、口コミでも大人気の商品で、家庭用脱毛器の購入を考えたことのある方なら一度は聞いたことのある脱毛器だと思います。

ケノンの本体価格は高いですが、カートリッジ1本で照射できる回数が圧倒的に多く、結果的に脱毛にかかるトータルコストは一番安いのが特徴です。また、広い照射面積と連射機能であっという間に脱毛できちゃいます。また、カートリッジを変えれば美顔器にもなる1台2役。機能性能とも最高の脱毛器です。日本製というのも安心です。

また、ケノンは産毛から剛毛までOKでほぼ全身脱毛出来ちゃうから、女性だけではなく男性からも大人気で、男性の利用者はなんと4割。家族や恋人とシェアしている人も非常に多い人気の脱毛器です!

照射面積 照射1回のコスト 連続照射
9.25平方センチ 0.0385円 6連射
レベル調整 ハンドピース重量 価格
10段階 120g 69,990円

ケノンの詳細はこちら

ヒカリエピ

安さが魅力!
「hikari epi ヒカリエピ」は、本体価格が 24,800円(税込)という驚きの安さで、カートリッジも3,980円とお得なコスパの一品です。業務用美容機器メーカーが家庭用に作ったものだから安くても実力は本格派。

照射面積も広く、出力も3段階で調整できます。また、しかもハンドピース部は軽くて疲れにくい。さらに、脱毛だけでなく、美しい素肌のためのフォトフェイシャルにも使えます。1台で脱毛と美容の両方に使えるのはお得ですね。

照射面積 照射1回のコスト 連続照射
7平方センチ 2.65円 なし
レベル調整 ハンドピース重量 価格
3段階 102g 37,800円

ヒカリエピの詳細はこちら


家庭用脱毛器の種類

家庭用として売られている脱毛器には、レーザー脱毛器、フラッシュ式脱毛器、サーミコン式脱毛器といった方式があります。この中でサーミコン脱毛は毛を熱でやくだけなので一時的な効果しかありません。またすぐに生えてきてしまいます。最新の脱毛器は、レーザー脱毛器かフラッシュ脱毛器の二択になります。

ここで気づいた人もいると思いますが、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛って、脱毛サロンとクリニックが使う方式と一緒なんですよね?詳しい人は、レーザーが痛くてフラッシュが痛くないということは知っているかもしれません。

実際、痛くないと宣伝している脱毛サロンではフラッシュ脱毛器を使い、医療機関であるクリニックではレーザー脱毛器を使っています。家庭用脱毛器もそれらを小さくしたものと考えればいいです。

効果があるのはレーザー

脱毛サロンとクリニックの違いと同じように、レーザー脱毛の方が脱毛の効果は高いと言われています。レーザー脱毛は少し痛いですが、フラッシュ脱毛より少ない回数で毛が生えてこなくなります。そして永久脱毛と呼べるのはレーザー脱毛だけです。しかし、レーザー脱毛は照射範囲が狭いので一度に処理できる毛の本数が少ないので手間がかかります。フラッシュ脱毛はレーザー脱毛より痛くなくて一度に広範囲に照射できるので手間は少ないのですが、また生えてくる確率が高いのできれいに脱毛できるまでには毛が生えてくる毎に何度も処理しなければなりません。(レーザーも毛の周期に合わせて何度も処理する必要がありますがフラッシュより回数は少ないです)

どっちがいい?

もちろんレーザー脱毛が効果は高いのですが、一度に処理できる面積が狭いので根気が必要なのと痛さに弱い人には苦痛です。我慢できないほど痛くないとは言われますが痛みの感じ方は人それぞれなので、自分は本当に痛いのは苦手と思うならフラッシュ脱毛器にしておいた方がいいと思います。

肌への負担が少ないのは?

レーザー脱毛は痛いので肌にも負担があるのではないかと思われがちですが、実はレーザーは毛のような黒い部分にだけ反応するので肌を痛めることは少ないそうです。フラッシュ脱毛器は肌への負担が大きいそうです。なのでフラッシュ脱毛をした後はしっかり肌のケアをした方が良さそうです。

経済的なのは?

脱毛器は購入価格だけでなくランニングコストも考えないといけません。フラッシュ脱毛器はカートリッジが消耗品なので決まった回数照射すると交換しないといけません。レーザー脱毛器はカートリッジの交換は必要ないのでフラッシュ脱毛機よりも経済的と言えます。ただ、家庭用脱毛器は個人用なので脱毛が完了してしまえばもう(ほとんど)使わなくなります。だから永久にカートリッジを何度も交換するというわけではないのでそこまで差はないかもしれません。しかし、交換の目安となる照射回数は製品により結構ちがうのでより照射回数が多い方が経済的と言えます。

脱毛器を使わないほうがいい人

脱毛器は、小さな子供や高齢者、妊娠中には使わない方が良いそうです。また、ペースメーカーや人工心肺等の機器を体に埋め込んでいる方も医用機器が誤作動を起こす恐れがあるので避けた方がよいそうです。

また、脱毛サロンに通っている人が自宅でも脱毛器を使う場合は、通っているサロンに確認してみてください。脱毛器は肌に負担をかけるので短期間で何度も使うのは危険です。また、生理中は肌が敏感になることがあるので、肌が弱い人は特に生理中の使用は控えた方がよいそうです。

こんな使い方はダメ

脱毛器では、鼻から上には照射してはいけません。目に当たると(目を瞑っていても)危険だからです。もし眉毛を脱毛したいのであればケノンの姉妹品の眉毛専用脱毛器がオススメです。

脱毛器は黒いものに反応して組織を破壊します。だから、日焼けした黒い肌も焼いてしまうことがあります。もし日焼けやもともと肌が黒い人は火傷になる可能性があるので脱毛器ではなく医療機関である脱毛クリニックで一度相談してみた方がいいと思います。

銀座カラー 予約取れない 銀座カラーってテレビCMもやってるし人気ですよね。人気が故に予約が取りにくい問題が。そんなときの対処法は、、、

ページの先頭へ